美容・コスメ

2012年11月28日 (水)

洗顔でニキビ予防

洗顔パフは肌にやさしいものを

化学繊維のパフを使うと、洗いすぎになって肌ががさついてしまうことがある。乾燥こんにゃくを使ったパフや海綿なら肌を傷めずに、やさしく洗顔できる。

ただし自然の素材なので、洗顔後は水切りをよくして清潔に保管するようにしよメイクのあとはダブル洗顔を心掛けよう

化粧をした私たちの肌の汚れには水性、油性の2種類の汚れがついている。

ひとつは水になじみやすい水性汚れで、たとえば皮脂や汗、古くなった角質などがあり、水と石けんで落ちるもの。

そしてもうひとつが、油性汚れ。これはファンデーションや毛穴の奥に詰まった皮脂が混じった汚れで、油の力で引き出さないと完企には落ちない。

だから、メイクをしたあとは、必ずダブル洗顔が必要。どちらかひとつではメイクした顔の汚れをすべて取り去ることはできない。油性汚れはクレンジングで落としておいて、そのあとで水性汚れを洗顔料で落とす。

ニキビは本当に嫌なもの。治っても繰り返し出来ることが多い。

やはり、ニキビ 治す方法 も知っておかなければならない。